2019年2月20日 (水)

西宮釣人家半夜メバル うーーん

2月17日西宮釣り人家の半夜メバルへ行ってきた。

天気ヨシ、風ナシの絶好のメバル日和。

人数はなんと6人

太郎は左舷ミヨシ。

左舷はあまりいい思いをしたことがなかったのでちょっと心配。

いつものように明るいうちは全くあたりナシ。

船の灯りがともってさあ本番

があたりナシ。

8時ごろにやっと当たり。

良く引く。

上がってきたのは今日一番のやつ(25cm)

20190217

あちこち移動するもぽつポツでつ抜けも厳しい感じ。

いつものように太郎の前はスラスターの泡がてんこ盛り。

泡を避けて船首寄りに移動して釣ると多少当たりが増えた感じ。

ずっとポツポツが続き

結局14匹で終了。

20190217_2
筆頭が20匹だったらしいんで、まだまだ修行が足らないということか。

しかし今年はなかなか爆釣の日に当たらない。

辛抱強く通うしかないかと思う太郎だ。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海上釣堀へ   upwardleftぽちっとお願い
にほんブログ村

2019年2月16日 (土)

忠岡釣人家船太刀魚 向いていないかも

2月13日

久しぶりの微風、晴れ、小潮、

小豆島鯛は全く釣れていない、半夜は人数不足、鬼あじも小潮でダメ

太刀魚は絶好調

ということで忠岡港の釣人家の太刀魚へ行ってきた。

当日はなんと4名というガラガラ状態。

抽選で右艫の釣り座、悪くない。

1時間半ほど走って洲本沖

20190214

20190214_2
数十隻の釣り船が集結している。

太郎が乗ったことのある見覚えのある船がすべている。

水深は70メートル弱。

30メートル上まで魚影は映っているとのこと。

早巻きで釣るようにとの指示。

太郎の好きな釣り方だ。

鯛ラバのスピードより若干早いスピードで巻き、巻き、巻き

クイ、当たった。ダメだ追っかけてこない。

また、落として、巻き巻き、巻き巻き

クイ、クイ、グーンで掛かった。

201902141

ボウズ逃れの1匹目。小さい。

その後当たるのだが上がってくるのは指3本ぐらいの小さなやつ。

10時ごろにはつ抜けした。

ガラガラなので船長が太郎の隣で竿を出す。

操船しながら置き竿で釣るようだ。

すると次々に上げていく。

明らかに太郎のより指一本はでかい。

なぜだ?

聞いてみると

止めて釣ると小さいのが先に食う。

常に動かして、大きいのだけに食わす。

なるほどと思うのだが。

あまり早く巻くと全く当たらなくなるし、

そこそこのスピードで巻くと小さいのしかかからない。

???

船長は順調に上げていき、あっという間に数でも太郎を抜き去っていく。

積極的に合わせて掛けている様子もない。

向こう合わせで掛かっている感じ。

昼過ぎには太郎は30匹ほど釣っていたがすべて指3本前後。

当たりが少なくなってきた。

太刀魚は底から5メートルほどにへばりついているらしい。

船長曰く

底から少し巻いて止めていると必ず当たる。

当たれば少し巻いて止めて当たりをだし、さらに巻いていると掛かる。

底から引っ張り出して釣るのや

確かに止めると当たる、巻いてみると当たりが無くなる。

???

相変わらず船長は釣っている。

太郎は船長の言うような釣り方で釣れたのは1匹だけ。

結局、太郎は33匹で終了。

筆頭は46匹。

だが、太郎と同じで小さいのばかり。

船長が釣ったのは指4本以上が主体で30以上。

そこそこ釣ったのに納得できない釣りになった。

太刀魚は奥が深い。

修行が必要と思うのだが、味的には太郎の好みとは言えないので、食べることを考えると、考えてしまう。

次の小潮の時にもう一度挑戦してみてもいいかなと思った太郎だ。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海上釣堀へ   upwardleftぽちっとお願い
にほんブログ村

2019年2月 7日 (木)

お久の白浜カタタ海上釣り堀 どこ釣っても鯛、鯛、鯛

2月5日

久しぶりにカタタ海上釣り堀へ行ってきた。

20190205
20190205_2

小豆島鯛サビキは激渋、半夜メバルは平日は人数揃わず、太刀魚は大潮で期待できず、あじは全く釣れていない。

久しぶりの晴天、無風、気温高の日に釣りをしなくちゃということで確実に釣れるし、シマアジの引きも味わいたいということでカタタ海上釣り堀にした。

当日は冬にしては人数がそこそこ、太郎は5人の4番生簀に入る。

抽選で2番、11番釣り座を選択。ほぼベスト

生簀には大量の20cmぐらいのあじが湧いている。

このあじをかわさないと釣果は望めないか。

まずはいつものように3ヒロで団子小で始めて見る。

すぐに浮きが沈むが掛らない。

やはりあじが邪魔をする。

底から1ヒロの深さを攻めてみるか。

しかし、途中であじがつついて浮きが沈まないし、そこに到達したときには餌はない。

しからば、ハリスにビシを打って団子も1個付けにして、あじに食われる前に沈める作戦で行こう。

太郎の使っている団子は固て重いし、1個付けだとあじには大きいのか、あじに食われる確率が減るし、あじは底のほうにはいないので、あじが多いい日はこの釣り方を多用している。

だが、この団子、鯛にはあまり評判がよくないらしく、いつもはこの団子では鯛はあまりつれない。

しかし、太郎の狙いはシマアジなのでこの団子で生簀真ん中、底から1ヒロ上を釣ることにする。

すると、なんとすぐに浮きがゆっくり沈む。

少し待って、オリャ

ヨシ、掛けた。

シマアジか?いや簡単に上がってくる。

20190205_3

ボウズ逃れの鯛。今日の鯛は1kgは越えていそうな立派な鯛だ。

始まって15分ほどだ。

次はすぐにきた。また鯛

20190205_4

次もすぐにきて、またもや鯛。

それから次から次に鯛が入れ食い。

8時過ぎには

201902058

なんと8匹目。

底から1ヒロ上でこんなに鯛が釣れるのは珍しい。

周りの人はポツポツと鯛を釣っているが、苦戦している。

いつものように底で鯛を狙うと今日は釣れないようだ。

しかしシマアジはどこだ?

と、9匹目を掛けたが全然上がってこない、これは明らかにシマアジ。

底のほうでキラリと横になったシマアジが見えた。

が、例のフッっが来た。痛恨のバラシ。

次もシマアジらしいのを掛けたが、姿を見えないところでバラシ。

ダメだ、今日はシマアジはボウズかもしれない。

鯛を避けてシマアジ狙いでもう1ヒロ上を狙ってみる。

しばらく当たりがない。

しつこく同じ棚で粘っていると

浮きが沈んだぞ。

オリャ、ドン

掛けた。横に走る。シマアジが横になって走り回る。

タモに入れようとしてよく見ると腹にスレで掛かっている。

何とかタモに入れてシマアジ1匹目ゲット

20190205_5

ヨシ、棚を見つけたぞ。

同じ棚ですぐにきた。

ピシッ、ドン

でシマアジ2匹目ゲット。

20190205_6
針はきれいに上顎に掛かっている。

ヨシ、次だ

すぐに浮きがしずむ。

ピシッっと掛けた。ヨシと思わず声を出す。

が、上がってきたのは鯛。

こんな浅いところにいるのか。

この棚で次々に鯛が掛かる。

棚をもう一ヒロ上げてみる。

が上がってくるのは鯛。

今日はどうなっているのか。

もう青物放流の時間だ。

青物用に仕掛けを替えてカツオの切り身を投入。

となりの人がメジロを掛けた。

自分の仕掛けを上げて、タモをもってお手伝い。

後ろに数匹が追っかけている。活性は高そう。

すぐに仕掛け投入。

太郎の羽根浮きがピコンと反応して、グーーと沈んだ。

5つ待ってオリャーーー

掛けた。久しぶりの青。

となりの人が掬ってくれてメジロゲット。

次だ。

羽根浮きがピコピコしてグーとゆっくり沈む。

青でーーすと叫びつつオリャーーー

掛けた。がえらく軽い。

鯛がひらひらしながら上がってきた。なんだよ。ハズイな~。

すぐ後にウグイで釣っていた隣の人も鯛を釣った。

太郎はカツオで2匹目の鯛を釣る。

今日はどうなっているのか。

青はあきらめてシマアジ釣りに復帰。

まずは3ヒロから。あたりナシ。

4ヒロ、当たった。

なんと鯛。

また当たった。鯛。

しからば5ヒロで。

当たった。鯛。

そこまで棚を下げてみた。

当たらない。

1ヒロ上を。

当たった、鯛。

今日はどこを釣っても鯛、鯛、鯛。

シマアジはどこ行った。

その後結局シマアジには会えず。

1時間前に早帰りで終了。

20190205_7

メジロ1、シマアジ2、鯛17

シマアジ狙いでこんなに鯛を釣ったのは初めてだ。

周りの人はシマアジはゼロ、鯛も苦戦していた。

鯛狙いで底を釣っている人には厳しい日だったようだ。

もっとシマアジ釣りたい。次はシマアジイベントの日に来ようと思った太郎だった。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海上釣堀へ   upwardleftぽちっとお願い
にほんブログ村

2019年1月31日 (木)

西宮半夜メバル 返り討ち

1月29日前回の敵討ちをすべく

西宮釣人家の半夜メバルへ行ってきた。

20190129
20190129_2
当日は11名でゆったり

太郎は左ミヨシ先頭でベストのはずだったのだが

今日は神戸港の和田坊のポイントへ

20190129_3

すぐに陽が沈む

20190129_4

陽が暮れて船の明かりが灯るまで誰にも全くあたりナシ

太郎には小さなガシラが時々掛かる。

その後、ポチポチと当たりがありボウズだけはまぬかれる。

きれいな夜景を堪能する時間がたっぷり。

太郎の目の前で船のサイドスラスターの泡たっぷりの激流が噴出している。

水深が10メートル以下のところでこの激流は影響ないのだろうか?

結局メバル7匹ガシラ少々で終了

20190129_5

今日の筆頭は22匹、なんと艫の人。

土曜日の44匹の爆釣の日も筆頭は艫だったらしい。

船長が変わると流し方が変わるのか釣れる釣り座が変わるようだ。

それとも腕か?

たぶん腕なのだろう。

今日は神戸ナイトクルーズへ来たことにしよう。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海上釣堀へ   upwardleftぽちっとお願い
にほんブログ村

2019年1月27日 (日)

姫路知知丸小豆島鯛サビキ ギリつ抜け

1月25日姫路知知丸で小豆島鯛サビキに行ってきた。

久しぶりの天気よし、風ナシ、何釣りにするか迷ったすえ、

低迷中だが、復調傾向の小豆島鯛サビキにした。

くじで太郎は左舷ミヨシ2番目の釣り座になった。

ベストではないが、ベター。

今日は11名でかなりゆったり。

6時過ぎに出航。

まだ暗い。

1時間半ほど走って7時半ごろに小豆島沖に着いた。

20190125

船が走っている間は暗くて準備ができないので着いてから仕掛けを準備。

ロッドは3.3メートルあるし、ラインはPE1号で細いし、薄暗くて年寄りには見えずらいし、ガイドにラインを通すのに時間がかかってかなりイライラ。

太郎がモタモタしている間に左隣の人(奇遇だが、この人は前回も隣だったひとでいろいろレクチャーしていただいた)はすでに鯛を釣っている。

太郎もやっとこさ仕掛け投入、巻き巻き、巻き巻き。

今日は前回の反省点を踏まえ、かなりゆっくり巻き。

が、来ない。

右隣りのミヨシ先端の人はすでに鯛2匹を釣っている。

当たりを出せない太郎、少し焦る。

小一時間たったころやっと太郎にも例のクックックッが来ました。

完全に食い込んだと思ったときに合わせを入れる。

掛けた。クッ、クッ、と鯛が首を振る引きがたまらん。

ちょっとドキドキしながら上げてきたら

ダブル!!

20190125_2

ヨシ、坊主は逃れた。

右隣のミヨシの人は次から次へと上げている。

後ろの左ミヨシの人も2連、3連で上げている。

右隣の人は太郎より少し巻きスピードが速い。

太郎も見習って少し巻きスピードを上げてみる。

すると

太郎にもポツポツ。

10時前には何とか5匹になった。

左隣の人もぽつぽつ。

探険丸を見ていた左隣の人が言うには

底から4メートルほど上まで魚影が見えてくると、ミヨシから順に当たっている。

残してくれないと自分まで回ってこない。

なるほど、ミヨシの人が当たったら太郎にもチャンスが来るのか。

その通り6匹目はミヨシの人が40cmぐらいのなかなかの鯛を上げた直後に太郎にも来た。

良く引く。

上がってきたのは今日一番の40cmの鯛。

201901256

その後、しばらく当たりが遠のいたが

12時前になって太郎に久しぶりの当たり。

クックックッ

辛抱たまらず合わせ。

スカ、ばらした。

また来たが合わせ早くまたバラス。

鯛サビキは合わせてはダメだということになっているが

此処のベテランはダメ押しの合わせを入れて釣っている。

太郎も最近は掛かったと思ったら合わせを入れるようにしている。

合わせを入れて掛かったら、その後のバラシが格段に減るような気がする。

しかし、早合わせは禁物。

12時過ぎに当たりがあり合わせもばっちり決まってゲット。

そしてなんと5分ほどの間に3連続で当たる。

何とかつ抜け

2019012512

その後終了まで当たらず、結局釣果は鯛10匹

201901251
201901252

今日はミヨシ先頭の人は2人とも18匹。

少ない人で2匹。

この釣りも結構釣り座に影響される。

しかし、10匹以上釣れると非常に面白い釣りだ。

前当たりがあり、ずっと追ってきて針掛かりするまでのドキドキが何とも言えない。

はまってしまいそうな太郎だ。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海上釣堀へ   upwardleftぽちっとお願い
にほんブログ村

2019年1月24日 (木)

また来ました悪意メール しかしこれで騙されるのだろうか?

また来ましたおもしろメール。
以下はその全文です。
親愛なるドメインユーザー

私はスパイウェアソフトウェア開発者です。
2018年の夏にアカウントがハッキングされました。

私の証拠はここにあります: あなたのアカウントからこのメールをお送りしました。

ハッキングは、オンラインで行ったハードウェアの脆弱性を使用して行われました(Ciscoルータ、脆弱性CVE-2018-0296)。

私はルーターのセキュリティシステムを回り、そこに悪用をインストールしました。
あなたがオンラインになったとき、悪意のあるコード(ルートキット)があなたのデバイスにダウンロードされました。
これはドライバソフトウェアです。私は絶えず更新していますので、あなたのアンチウィルスは常に黙っています。

それ以来、私はあなたに従っています(私はあなたのデバイスにVNCプロトコルで接続できます)。
つまり、あなたがしているすべてのことを絶対に見ることができ、自分のファイルやデータを自分自身に見てダウンロードすることができます。
私はまた、あなたのデバイス上のカメラにアクセスして、定期的にあなたと写真やビデオを撮ります。

現時点では、私は固体の汚れを収穫しています...あなたに...
私はすべてのあなたの電子メールとチャットをメッセンジャーから救った。訪問したサイトの全履歴も保存しました。

私は、パスワードを変更することは役に立たないことに注意します。私のマルウェアは毎回あなたのアカウントのパスワードを更新します。

あなたが大好きなもの(アダルトサイト)を知っています。
ああ、そうです。私は皆から隠れているあなたの秘密の人生を知っています。
ああ、私の神、あなたのようなもの...私はこれを見た...ああ、あなたは汚いいたずらな人... :)

大人のコンテンツであなたの最も情熱的な楽しみの写真やビデオを撮り、カメラの映像とリアルタイムで同期させました。
それは非常に高品質になったと信じて!

だから、ビジネスに!
私は一つのことを確信しています。 あなたはしたくないこの汚れを見せてあなたの連絡先に.

だから私を送る私のビットコインウォレットに581ドル Bitcoin: 1CYkVoaDEfVNfDubo7NHCuKYL34TwjeFMf
転送時にウォレット番号をコピーして貼り付けるだけです。
あなたがそれをする方法を知らない場合 - Googleに尋ねる。

私のシステムは翻訳を自動的に認識します。
指定された金額を受け取るとすぐに、私のサーバーからすべてのデータが破棄され、私のrootkitは自己破壊する
心配しないで、私は本当にあなたの立場に落ちた多くの人々と "働いている"ので、私は本当にすべてを削除します。
ルータの脆弱性についてプロバイダに通知するだけで、他のハッカーがそれを使用しないようにする必要があります。

この手紙を開いて以来、あなたは50時間あります。
指定された時間が経過すると、資金が受け取られない場合は、デバイスのディスクがフォーマットされ、
私のサーバーから自動的にあなたの連絡先すべてに電子メールとSMSが送信されます。

私は賢明なままで、ナンセンス(私のサーバー上のすべてのファイル)に従事しないことをお勧めします。

がんばろう!
太郎のデバイスにはカメラはない。
ハッキングしていたのなら、カメラが付いているのかいないのかぐらいはわかると思うのだが。
セキュリティ用語が散りばれられていて、なかなか労作なのだが、もうすこし日本語を勉強するか、もっといい翻訳ソフトをつかうか、日本人に添削してもらうかしたほうがいいとハッカー様にお勧めしたい。がんばろう!!

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海上釣堀へ   upwardleftぽちっとお願い
にほんブログ村

2019年1月21日 (月)

西宮半夜メバル こりゃだめだ

1月19日土曜日

西宮半夜メバルへ行ってきた。

太郎はあまり土日は釣行しないのだが今週は半夜は土曜日しか人数がそろわなかったのでしぶしぶの土曜日の釣行。

4時半出船なのだが着いたのは1時前。

しかしすでに10番目。

今日は満船で20名を超えているらしく、太郎は右舷5番の中央になってしまった。

戦う前からあきらめモード。

30分ほど走って神戸空港スカイブリッジ下へ

20190119

丁度夕暮れ夕日がきれいだ。

20190119_2
岸に可能な限り近づいて釣る。

20190119_3

全席埋まっているので隣まで1メートルほどひしめき合っている。

明るいうちは全くあたりナシ。

日が暮れてしばらくして、船首のほうでポツポツ上がり始める。

太郎には全くあたりナシ。

やっと来たと思ったらガシラ。

次に明快なメバル特有の当たりがあって掛けたが、隣の人とお祭り。

ばれた。

その後、左の人、右の人と交互にお祭り。

左の人と、右の人が太郎を抜かしてお祭り。

解けるまでじっと待つ。

挙句に左の人、太郎、右の人の3っつの仕掛けがお祭り。

解けても、太郎の仕掛けがもつれて暗い中、解消に必死

前半は、お祭り、もつれ解消に大半の時間を奪われ、戦意喪失。

それでも9時前には何とかメバル2匹と数匹のガシラをゲット。

201901192

その後は、ほとんどあたりナシ。

結局メバル2匹、ガシラ6匹で終了。

20190119_4

太郎の半夜ワースト記録になってしまった。

やはり、土曜日は人が多すぎてストレス多すぎなので

平日に人数がそろうまでは半夜は休憩だなと思った太郎だった。


にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海上釣堀へ   upwardleftぽちっとお願い
にほんブログ村

2019年1月18日 (金)

姫路知知丸小豆島鯛サビキ やはり下手だ

1月16日天気もいいし、風もないし、最近大きいのが釣れてるらしいし、半夜メバルは人数不足で出ないようだし、ということで

姫路知知丸の小豆島鯛サビキへ行ってきた。

当日は11名。

抽選で、右艫2番目の釣り座。

まあまあの場所

6時過ぎに出船。

小豆島ポイントまでは1時間半ほどかかる。

20190116

ポイントへ着くころにはすっかり日が昇り小豆島が目の前に見える。

水深は50メートルほど。

現場に着いてから仕掛けを用意するのだが、太郎は近くが見えずらく、ガイドにラインを通すのにシックハック。

サビキを結ぶころには隣の艫の人はすでに投入済み。

やっと用意が終わるころには、隣の人はすでに掛けて取り込み中。

40cmぐらいの良い型の鯛を上げている。

太郎も巻き巻き、巻き巻き。

来ない。

すると艫の人またヒット。

太郎、だめだ。

となりの人が3匹上げたころ

太郎にもクッ、クッ、クッが来ました。

我慢して巻き巻き、掛かったぞ。

慎重に巻いてくる。ドキドキ。

がプツッっといやな感触で、ばれた。ガックシ。

船長が来て、今日は上がってきたらラッキー、良くバレル、とおっしゃる。

となりの人もバラシたようだ。

となりの人が言ううには前回打率は2割ほどだった。

そうか、でも当たりがあるだけいいかと負け惜しみの太郎。

その後2回ほど当たりがあるが針掛かりしない。

9時半ごろやっと掛けた。

ドキドキしながら上げてくると35cmぐらいのそこそこのやつ。

201901161

何とかボウズ逃れの1匹ゲット

その間隣の人は5匹ほどあげている。

みんな35cm~45cmぐらいのいい鯛。

前回ここへ来たときは20cm中心のかわいいやつが主体で30cmが最大だったのが、様変わりだ。

となりの人が探険丸を見て水深を教えてくれる。

30メートル前後で浮いているとのこと。

底から20メートルまで巻き巻き、巻き巻き

と20メートル以上巻いたとことでクッ、クッが来ました。

掛けて何とか2匹目ゲット。

となりの人を見ていると、針掛かりしたと思われるときに合わせを入れている。

サビキで合わせ?

そういえば前回来ていた時も隣の人が合わせを入れて太郎の倍釣っていた。

30メートルほど巻いてきたところでクックックッがきたので針掛かりしたと思われるときに太郎も合わせてみた。

掛かった。

慎重に上げてきて魚が見えて船長がタモで掬おうとラインを持って手繰ってタモ入れ直前ユラッ 

ばれてサヨナラ。落ち込むなー。

気を取り直して、巻き巻き巻き巻き

水深20メートルぐらいのところでクックックッが来て合わせて掛けた。

上がってきたのは40cmぐらいのなかなかの鯛。

201901163

今日は隣の人を含めて全部35cm以上。

その後、ポイントが変わるも太郎にはあたりナシ。

となりの人は相変わらず当たりを出していて、太郎の3倍のペース。

その人が言うのには太郎の巻きは早すぎるとのこと。

そうか、一度ゆっくり巻いてみよう。

と、来ました4匹目。

ここで終了。

結局4匹。35cm以上だったのでお土産には十分なのだが、

艫の隣の人は13匹。筆頭は左艫の14匹。

少ない人は1匹。

太郎のへたさを実感した日だった。

次回は焦らずゆっくり巻きを徹底してみようと思った太郎だった。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海上釣堀へ   upwardleftぽちっとお願い
にほんブログ村

2019年1月17日 (木)

メバル一夜干しを作ってみた。

前回のメバル半夜の時に来ていた釣り人に教えてもらったメバル一夜干しを作ってみた。

まずメバルは背開きにして、10%の塩水に1時間ほど浸す。

20190115

お皿に割りばしを引いてメバルを置き

冷蔵庫で16時間放置。

いい具合に乾いている。

普通に焼いて

20190115_2

確かに美味い。

身がぽろぽろ取れて食べやすい。

太郎的にはもう少し塩味が強いほうがいいかもしれないので次は12%で作ってみよう。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海上釣堀へ   upwardleftぽちっとお願い
にほんブログ村

2019年1月15日 (火)

西宮釣人家半夜メバル ギリつ抜け

1月13日西宮の釣人家の半夜メバルへ行ってきた。

20190113
20190113

太郎は釣りは平日に行くことにしているのだが、半夜はあまり釣れていないし、寒いのか、休日前しか人数がそろわないらしく、今回は祝日前日の釣行になった。

当日は11名比較的ゆったり。右舷ミヨシ先頭のほぼベストの釣り座に陣取ることができた。

出船は4時半、まだ明るい。

40分ほど走って神戸空港沖へ

20190113_2

水深は10メートルほど。

仕掛けは、3.3メートルのメバルロッドにPE1号を巻いたベイトリール、ラインにサルカン付きの1号ほどの重りを直結し、4メートルほどのサビキを付けて25号の重り。

サビキは、3.5号の幹糸に60cmごとにビーズを付けて、1.5号ハリス40cmほどの緑さば皮7号針を付けた自家製サビキ。

5本バリすべて緑という太郎スペシャル。

メバルは目がいいのでできるだけ細いハリスにすべきというのが常識だが、逆らいたいのが太郎の心情。

一度常識外の1.5号のハリスを試してみたかった。

が、不安いっぱい。

底を這わせるイメージで底を頻繁にとっていると、ブルブルの当たりが早速きました。

まだ明るい5時過ぎ。

201901131

20190113_5

ボウズ逃れの今年初のメバル。

太郎スペシャルで釣れて、まずは一安心。

後ろの女性が1匹釣っているが他は誰も釣っていない。

どうやら激渋。

5時10分ごろになると日が沈んでくる。

20190113_3

日が沈んで暗くなるには1時間ぐらいかかる。

船のライトがともっていよいよ本番。

が、誰にも当たりがない。

2匹目がきたのは7時過ぎ。

それからポツリ、ポツリと来て

8時半には何とか6匹に

201901136

なんか、つ抜けしたら御の字という雰囲気になってきた。

となりの人はまだ目が明かない。

その後、ポツリ、ポツリが続き

結局メバル10匹、ガシラ1匹のギリつ抜け

2019011310

20190113_4

今日の筆頭は10匹。

太郎と左舷ミヨシの女性。

となりの人は2匹、たぶんボウズの人もいたのでは?

1.5号ハリスという常識外の太郎スペシャルが機能することが分かったので

今日の釣行は大収穫だった。

さて次は小豆島の鯛か、半夜か、太刀魚か?

迷っている太郎だ。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海上釣堀へ   upwardleftぽちっとお願い
にほんブログ村

«姫路知知丸小豆島鯛サビキ 釣果も寒い

無料ブログはココログ

つり

日本ブログ村

  • にほんブログ村
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28