2019年8月17日 (土)

釣りはダイエットになるか?

太郎は毎年特定検診を受けている。

いわゆるメタボ検診。

腹囲は90cmあるし、血圧が140弱なのでここ10年程メタボ予備軍の判定だ。

保健師にいつも言われるのは体重を減らすこと。

体重を5%減らすと肝臓関連数値や中性脂肪、血圧等の数値がかなり改善されるということらしい。

確かに、太郎は10年前には肝臓関連の数値がかなり悪く、肝炎の疑いで要精密検査の判定で病院で検査したところ、脂肪肝の判定だったが、

体重を5%ほど減らして、劇的に改善して、現在は肝臓関連数値は問題はない。

が、血圧はなかなか120台にならない。

最近は、釣りに週1回は行っているので、多少はダイエットになっていると思うのだが、どうなのだろう?

そこで、釣りのエネルギー消費はいかほどなのか?ネットで調べてみた。

いろいろ検索してみた結果、メッツ表なるものを発見した。

(独)国立健康・栄養研究所 というところが、体重別メッツ表

ダウンロード - e383a1e38383e38384e8a1a8.pdf

というのを掲示している。

(ある活動を一定の時間行った際のエネルギー消費量)= (①安静時のエネルギー消費量) + (②その活 動を実施することで安静時より余分に消費するエネルギー)

②のエネルギー消費量は

エネルギー消費量 (kcal/10min) = 体重(kg) × ( METs - 1 ) × 10/60 になる。

このメッツ表、人間が行うあらゆる活動に割り当てられていてなかなかの秀作。

釣りを見てみると、歩いてする釣りから、漁猟までほぼ網羅されている。

釣りは7項目の釣りと狩に分類されている。

太郎が行う船で座っての釣りのメッツ値は2.0。

魚の取り込みは3.5。

したがって当たり前だが、釣れれば釣れるほどエネルギーは消費するということだ。

たまに立って釣りをすることもあるので、太郎で言えば2.5ぐらいがいいところか。

釣りをしている時間を6時間とすると

体重70kg×(2.5-1)×6=630キロカロリーという計算になる。

太郎の基礎代謝量は1450キロカロリーなので

合計2080キロカロリー、釣り以外の活動もあるので(ちなみに運転は2.5、食事は1.5)

釣り以外の活動は2.0だとし、横になっている時間を10時間とすると24-6-10=8時間が釣り以外の活動時間

 70kg×(2-1)×8=560キロカロリー

合計2640キロカロリーになる。

たぶん2000カロリーほどは摂取していると思うので

640キロカロリーのダイエット。

まずまずかも

多分に希望的計算だが、釣りの動機づけにはなるかな???

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海上釣堀へ   ぽちっとお願い
にほんブログ村

 

 

 

 

2019年8月12日 (月)

泉佐野夢丸船太刀魚 釣れれば楽しい

8月8日

近頃好釣果らしい泉佐野夢丸船太刀魚へ行ってきた。

当日は取材が入っているため釣り座は船側で決めるとのこと。

予約は前日に行ったのでたぶん最後になるはず。

案の定、釣り座は左舷真ん中。

5時過ぎ出船。

20190808

関空を離れるころ日の出。

40分ぐらいで神戸沖ポイントへ

20190808_20190812101001

20隻ほどの釣り船が集まっていて、遠くに明石海峡大橋が見える。

水深は70メートルほど。

イワシを巻き巻きしていざ出撃。

底を取って、まずはスピード8のやや早普通スピードで巻き上げる。

20メートルほど巻いたところでクンッ

当たりだ。

クンッ、クンッ、ググーで鬼合わせ。

ドン、掛かった。久しぶりの太刀魚の引き。

指4本のなかなかのやつが上がってきた。

201908085

今日は幸先いいぞ。

が、巻きが速いのか当たりがほとんどない。

しからばスピード4の遅まきに替えてみるか。

と、当たる当たる。

がなかなか食い込まない。

食い込むまで我慢我慢で掛ける。

が、途中でバラシが多発。

それでも7時半ごろには7匹確保。

2019080810

20190808_20190812101002

今日の太刀魚はほぼF4のいいサイズが大半。

5匹ずつ絞めてポリ袋に入れてクーラーへ。

5匹でも結構重い。

しかし、どんどん暑くなってきた。

汗がじわっと噴き出してくる。

周りは釣り船30隻ほどがが集結し始めている。

20190808_20190812101003

当たりはそこそこあるのだが、バラシも多い中だが

10時ごろには何とか20匹ほどになった。

船長によれば、10時頃から2枚潮になるとのご神託。

10時過ぎてから案の定潮が速くなって、予言通りの2枚潮。

左の人は底について右にラインが流れている。

太郎が投入するとラインが左に流れる。明らかに交差。

筋を変えて何とか底を取って巻き取っていくと今度はラインが右に。

わけわかめ。

こうなるとあちこちでお祭り。

3つ隣の人に祭ったりする。

太刀魚が釣れたのに祭ると、ラインがプツツ。

太郎もお祭りで高切れ。

潮が速くなったのでスピード10で早巻きしてみる。

と、グッグッで向こう合わせで掛かる。

なんとか7匹ほど追加して終了。

計、24匹。

今日は途中でばらしたのが10匹はいたし、当たっても掛けれなかったのは多数。

やはり下手だ。

しかし掛ければ、ほどんどがF4以上の良型。

このぐらいになると合わせて掛けた時にドンという手ごたえが何とも言えない。

久しぶりに太刀魚の強い引きを味わうことができた。

因みに帰って捌いてみるとほとんどが卵を持っていた。

雄が居ないのはなぜなのか不思議だ。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海上釣堀へ   ぽちっとお願い
にほんブログ村

 

 

 

 

2019年8月 4日 (日)

忠岡釣り人家落とし込み 惨敗

7月29日

落とし込みが最盛期に入ったようなので忠岡釣り人家の落とし込みに行ってきた。

9時半の出船

201907292

当日は11名の抽選釣り座

なんと11番目

最後に残った右舷真ん中の釣り座

ハリス10号のサビキをセット

30分ほどで関空沖に

ここはイワシが付く場所らしい

水深19メートル。イワシは5メートルから10メートルにいるらしい。

急いで仕掛けを落とす

イワシが付いた気配、が獲物は食いつかない。

潮が速いのですぐに船を立て直すので忙しい。

左舷ミヨシで鯛を釣ったようだ。

見るとなんと70cm越えの大鯛。

こんな大阪湾の真っただ中にこんなのが居るとは

ホール中に太郎に30cm越えのあじが来た。

そしてツバス。

ベイトが消えてきたのでここは終了。

1時間以上走って沼島沖へ

水深は50メートルほど

イワシが小さいのか付いたかどうかよくわからない。

何度も落としなおす。

あちこちでハマチが釣れ始めた。

太郎にも当たりがあるが食い込まない。

次にブルブル、当たりだが軽い。

上がってきたのは

20190729_20190804114101

30cmにせまるでかガシラ

右ミヨシの人が80cmのサワラ

左隣の人がハマチ

あちこちで上がってきた。

太郎にもやっと来た。

上がってきたのは

20190729_20190804114102

20190729_20190804114103

ハマチ。

なんとかボウズは免れた。

しばらくして場所替え

20190729

友が島沖へ

なかなかイワシが付かない。

ここではパラパラとハマチが上がるも太郎にはあたりナシ。

終わってしまった。

ガシラ2、ツバス、ハマチの貧果。

後でハマチを捌いて刺身にしてみたが

締めや血抜きがもひとつだったのか、やはり身は赤くてうまくない。がっかり

落とし込みも年1回でいいかなと思った太郎だった。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海上釣堀へ   ぽちっとお願い
にほんブログ村

 

 

 

 

2019年7月30日 (火)

明石名田屋タコ 数はも一つ重量まずまず

7月25日明石名田屋のタコ釣りへ行ってきた。

タコ釣りは超人気で他の釣り船は軒並み満船、たまたま名田屋に空席があったので予約した。

予約した数時間後には満船、ギリギリのタイミングだった。

名田屋へ着くと人でごった返している。

3隻ある釣り船はすべて満船、一船40名ほどで埋まっている。

太郎は右ミヨシ4番目の席を確保、隣の人まで1メートルほどで狭苦しい。

5時半ごろ出船

20190725

二見沖へ

20190725_20190730131401

水深は10メートル。

仕掛けは

20190725_20190730131404

3本エギで1本は豚バラ巻。

トントンするもあたりナシ。すぐに移動。

20190725_20190730131402

20190725_20190730131403

30隻ほどの釣り船が集まっている。

トントン、トントン

オリャーで

201907251

1匹目ゲット。400gぐらいのまずまずのやつ。

何匹か追加して。

タモで掬うやつが来た。

201907252

1kgには届かないがまずまず。

ぬあーの当たりで

オリャー、パキン

なんとロッドが真っ二つ。

ラインを持つとまだ付いている。

500gぐらいのやつが上がってきた。

この程度で折れるとはさすが安物。(6000円ほどのロッド)

もう一本同じのを持っていたので用意して

トントン

数匹追加する。

ぬあー、オリャー、パキン

で、な、なんと2本目も真っ二つ。

今度はラインを引き上げる途中でばれた。

ロッドは

20190725_20190730131405

情けない姿へ。

もう予備はない。

11匹ほど釣っているが、まだ終了まで3時間ある。

貸し竿を借りる手もあるが、また折る可能性もある。

仕方ない、折れたロッドでやるか。

トントン、トントン

なんとか行ける。当たりがわかるかどうか?

わずかな重みにオリャ

掛かった。いけるぞ。

20190725_20190730131501

ダブルもありながら6匹ほど追加して終了。

結局17匹、リリース5匹という結果

今回リールは新しいのを使ったが、このリール

性能がなかなか良く、ドラグをキチキチにすると全く滑らなくなる。

そのため合わせた時にロッドにもろに力が加わり、折れたようだ。

今度からドラグをほんの少し緩めることにしよう。

今日のタコは300g以上が大半で重量は前回の50匹と同じぐらいだった。

太郎的にはこのほうがいいかも

新しいロッドを買わなくちゃと思った太郎だった。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海上釣堀へ   ぽちっとお願い
にほんブログ村

 

 

 

2019年7月20日 (土)

釣り人家鯛サビキ&のませ 最悪

7月12日西宮釣り人家鯛サビキ&飲ませへ行ってきた。

鯛は全く釣れていないがハマチはそこそこつれているようだ。

当日は7名。

右ミヨシ2番目(と言っても中央当たりだが)を選択。

まず飲ませようのあじを確保したあと鯛サビキ、そして飲ませというスケジュールを告げられる。

アジ確保のため神戸沖へ

Photo_20190720113101

豆アジ用のサビキとアミエビ撒き餌で釣るのだが全く釣れず

次に神戸空港沖へ

Photo_20190720113102

此処も全く釣れず。

神戸空港沖へ向かうが全く釣れず。

大阪湾真ん中あたりまで走ってやっと釣れ始めるが20cmを越えるでかいアジ

餌に使えるのか疑問だがもう2時間過ぎているので鯛サビキへ

いつもの明石海峡大橋沖

20190716

巻き巻き、巻き巻きするも全く当たらず、誰にも当たらず。

無為に2時間過ぎたところで豆アジを確保するため淡路島へ

港でやっと豆アジを確保

Photo_20190720113103

神戸で釣ったあじがバカでかい。

もう一度明石海峡へ

底を取って1メートルほど上げて待つ。

が、当たらない。

船中にポツポツとハマチが釣れ始めるも太郎にはあたりナシ。

根掛かりが頻発してモタモタしているうちに終了近くなるまで丸坊主。

となりの人がでかいメジロを釣った。

でかいほうのあじを付けたら瞬殺で来たとのこと。

半信半疑で太郎も20cmを越えるでかアジを鼻掛けして投入。

底を取って3巻き。

と、グ、グと当たり。

待っていると一気にロッドが持っていかれる。

電動で巻き取ろうとするが、ドラグが鳴ってラインが出ていく。

100メートルほど走られてしまった。

やっと止まって電動全開で巻き上げてタモ入れ成功ゲット

70cmを越えるメジロ

20190716_20190720113101

なんとかボウズは免れた。

すぐにまたオオアジを付けて投入。

するとすぐにロッドが引き込まれて掛かった。

すごい勢いでラインが出ていく。

必至で耐える。

船長が巻いて巻いてとげきを飛ばす。

ドラグをこれでもかと絞めて巻こうとする。

と、フッ

ばれた。

上げてみるとハリスがブチ切れていた。

12号のハリスを引きちぎるやつの顔を見たかったがあとの祭り。

ここで終了。

メジロ1本もあれば食べるのには十分なのだがもっと釣りたかった。

帰宅して、捌いてみると絞めて血抜きして神経締めまでしているのに身が真っ赤。

不味くはないが旨くもない。

海上釣り堀で釣るハマチのほうが断然美味い。

釣るのはめちゃくちゃ面白いのだが食べるとなるとなあー

飲ませは年1回でいいかなと思った太郎だった。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海上釣堀へ   ぽちっとお願い
にほんブログ村

 

 

 

2019年7月14日 (日)

姫路知知丸 1年1回のキス釣り

7月12日梅雨の晴れ間

釣りに行くべし

タイサビキ、落とし込みどれも人数不足で船がでず。

しからば釣れているらしいキス釣りにと知知丸へ。

キス釣りはここ数年、1年に1回出かけている。

5時半集合

20190712

1人遅れてくるということで出船は6時。

30分ほどで家島沖へ

20190712_20190714111802

20190712_20190714111801

水深は35メートル。

太郎は3本針の天秤仕掛け。

底を大きくトントン、トントン

40cmほど上げて当たりを待つ。

3回ほど繰り返すと待望の当たり。

かすかなブルブルに合わせて掛けた。

15cmぐらいの小さなキス。

トントン、トントンを繰り返すがあたりはぽろぽろ。

ちょっと誘い方を変えてみる。

底から40cm上げてシャッフル、シャッフルして止める。

するとブルブル。

合わせて掛ける。

1匹づつだと数釣りはむつかしい。

追い食いを狙って掛けてもしばらく放置。

すると

20190712_20190714112101

ダブル、トリプルで上がってくる。

9時半ごろには40匹を越えたが、数えるのがめんどくさくなってきた。

20190712_20190714111803

最後までポツポツと当たりが続き

終わってみれば

20190712_20190714111901

84匹の筆頭。だが、小さい。

太郎はキス船釣り用のロッドは持っていないので

カワハギ用の先調子のロッドを代用している

当たりは明確に出るのだが、少々硬いので上がってくるときには手ごたえがまるでない。

多少重いという感覚。

刺身でも、煮つけても、天ぷらにしても美味しい魚なのだが、年1回でいいかな?

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海上釣堀へ   ぽちっとお願い
にほんブログ村

 

 

 

 

2019年7月10日 (水)

明石たかみ丸タコ 数だけは

7月8日

梅雨中の束の間の晴れの日

良く釣れているらしい明石たかみ丸のタコへ行ってきた。

月曜だというのに満席。

2号艇、抽選で右舷ミヨシを確保。

5時半出船で15分ほどで二見沖のポイントへ

201907082

 201907081

水深は10メートル。

1本は豚バラ巻、2本目は黄色のエギの太郎スペシャルで開始。

トントン、トントン、トントン

来ない?

移動。

トントン、トントン

フーー、来た!

鬼合わせ、掛けた。

上がってきたのは新子、リリース。

すぐに次が来た。

小さいが確保。

すぐに来た。新子、リリース。

次は確保。

半分ぐらいは新子でリリース。

おおきく場所替え。

なんと3連続リリース。

そんなことを繰り返して8時過ぎには20匹確保

2019070820

その後3本エギに替えて、新子を交えながら10時過ぎには40匹に

2019070830

このころから数を数えるのがめんどくさくなってきた。

1度に2匹が掛かって上がってくるなど当たりは頻発。

20190708

11時ごろには50匹を越えた。

最後にまあまあのサイズも

2019070850

12時過ぎに終了。

今日は3分の一はリリース

それでも55匹ぐらい確保

20190708_20190710120101

200gぐらいのが中心。

数だけは多いのだが、掛けた時のズシッが味わえなかった。

ちょっと残念な1日だった。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海上釣堀へ   ぽちっとお願い
にほんブログ村

 

 

 

2019年7月 7日 (日)

泉佐野夢丸鬼あじ 撃沈

昼過ぎから小雨予報だが

あの強い引きを味わいたくて

7月3日泉佐野夢丸の鬼あじへ行ってきた。

当日はほぼ満船。

いつもの右ミヨシは確保できず

左ミヨシを選択。

9時半ごろ出船、1時間半で友が島沖へ。

20190703

水深50メートルの駆け上がり

トントン、トントンするもあたりナシ、誰にも当たりなし。

3時間ほど過ぎたころ初めての当たり。

ボウズ逃れの1匹をゲット

201907031_20190707114601

その後当たりが2度ほどあるも途中で痛恨のバラシ

終了2時間前あたりから小あじの当たりが頻発

そして終了。

今日はいつもの深場へ行かず。

満船だと、お祭り頻発するからだろうか?

結局アジ1、小あじ9

20190703_20190707114601

撃沈

筆頭は4匹。

また釣れだしたら行こう。

次は確実に釣れそうなタコにしようと思った太郎だった。

因みに小あじは南蛮漬けにしたら、激ウマだった。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海上釣堀へ   ぽちっとお願い
にほんブログ村

 

 

 

 

 

2019年6月27日 (木)

西宮釣人家鯛サビキ 惨敗

6月25日

梅雨入り前の貴重な晴れ

西宮釣人家の鯛サビキ行ってきた。

20190624

当日は満船12名。

いつもの右ミヨシを確保

5時半出船1時間半で明石海峡大橋沖のいつものポイントへ

20190625

水深は80メートル

2流し目に当たり

ボウズ逃れの35cmほどの鯛ゲット。

今日は幸先いいと思ったのだが

掛けてはバラスをはさみながらなんとか2匹目もゲット

が、そこからお祭り地獄へ。

一流しごとにあちこちにお祭りする。

おまけに青物が回っているのか

強烈な引きでハリスが飛ぶ。

根掛かりで重りロスト

投入した瞬間にさばの猛攻で

仕掛けがぐちゃぐちゃ

根掛かりで高切れして90メートルのPEロスト。

そして別のリールで仕掛けを用意して投入しようとしたときに

終了のアナウンス。

今日は半分も釣りをしてない感覚。

結局3匹で終了

20190625_20190627095501

満船の鯛釣りはむつかしい。

人数が少ない日を選ぶのもむつかしいし

ちょっと鯛釣りモチベーションがだだ下がりになった太郎だった。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海上釣堀へ   ぽちっとお願い
にほんブログ村

 

 

 

 

 

2019年6月22日 (土)

東二見西海丸タコ つ抜けもなんだかなぁ

6月20日

晴れ、微風、中潮

魚は少々食傷気味なので、今回はタコ

タコは超人気、当日は満船、30人以上乗っている。

右舷ミヨシ3番目を確保。

5時前に出船。

5時半にはポイントへ

20190620

海上はかすんでいる。

水深は10メートルほど

仕掛けは

20190620_20190622102301

一本のえぎに豚バラを巻いた太郎スペシャル。

シャカ、シャカ、シャカ、誘うも乗らず。

ポイント替え

シャカ、シャカ、シャカ、グーーーー

乗った。オリャー鬼合わせ。

軽いが掛けた。

150gぐらいの子ダコ。

シャカ、シャカ

子ダコ

なんと4匹連続子ダコ

6時10分ごろ5匹目にこましな200gぐらいのタコ

201906205

その後次々に当たるも子ダコのオンパレード。

8匹釣ったところで

ドンと重たいのが来た

201906201

1kgは越えていそうななかなかのタコ。

ちょっとやる気がでてきた。

潮が速くなってきて沖寄りに移動

ポツポツ当たるがやはり子ダコ。

今度は岸寄りに移動

20190620_20190622102302

一度テレビで見た仕掛けを試してみる

20190620_20190622102401

重りにピンクのソフトルアーをぶら下げた仕掛け。

ポツポツ当たるがシンプルなのと差はなさそう。

となりの人は3本えぎで釣っている。

その隣の人が2kgオーバーを掛けた。

太郎は相変わらず子ダコ。

終了間際、隣の人、また2kgオーバー

いずれも太郎持参のタモが活躍。

今日はほとんど子ダコ、たまーーに大タコと極端だ。

結局太郎は22匹の子ダコと1kgのタコ

リリース6匹ほどという結果。

欲求不満のなんだかなぁの1日だった。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 海上釣堀へ   ぽちっとお願い
にほんブログ村

 

 

 

 

«泉佐野夢丸鬼あじ 今回もつ抜け

無料ブログはココログ

つり

日本ブログ村

  • にほんブログ村
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31